设为首页收藏本站

   找回密码  加入我们
查看: 4493|回复: 6

[幻想天空] 日语小作文与中文小翻译 [复制链接]

Rank: 6Rank: 6Rank: 6

UID
23223
帖子
502
精华
8
积分
710
BP
0 点
阅读权限
60
注册时间
2007-10-28

双子宝贝信息

 神奇宝贝图鉴:144 (GT 142)
 双子宝贝图鉴:2 (GT 1)
 宝贝养成成就:9 (160 Pts)
发表于 2011-11-17 20:01:26 |显示全部楼层
分享到:
本帖最后由 陆清然 于 2011-11-17 21:36 编辑

为了记忆笔记本上的单词而写的小习作,因为日语水平很差,所以这些用日语思维写出来的文章内容会十分混乱,同样因为日语很差,翻译过来后意思就更模糊了,望见谅。大部分语句纯粹就是为了用单词而拼凑出来的。



[蔦の王女]

ねえ、君もまた一人ぼっちだね、僕と同じように。
緋色のリボンを持っている、そして、葉のようなしっぽを持っている君は、どんな季節とも似合うよ。
君は本当にただのドールだけか?
海豚が毎日嬉しく遊んでる水族館へ君を連れて行きたい。
必ず珊瑚礁をバックにして君の写真を撮る。
花がいっぱい咲いてる果樹園へ君を連れて行きたい。
必ず君が大好きなリンゴを買って、ふかふかの芝生に君と共に日差しを浴びる。
昼になると、鐘の音の中に寝ていく図書館へ君を連れて行きたい。
必ず微熱と沈黙が共にある書架の隣に、古い絵本を広げてあげる。
太陽の光に舐められている花屋へ君を連れて行きたい。
必ず陽だまりに何気なく空へ手を出す、そんな君の笑顔を見つめる。
星屑と繋がっている天文台へ君を連れて生きたい。
必ず夏の大三角に見とれる、きらきらとした君の瞳を記憶に明るい色彩で描く。
昔、小さなユニコーンがウロウロした風車が今までも立てている遺跡へ君を連れて行きたい。
必ず地図を持たずに、君と野ばらを探したり、蒲公英の綿毛を拾ったりします。
菫と紫陽花を君に捧げる。
光合成中の君の姿。
ねえ、それはきっと素晴らしい旅でしょう?
どうして返事しないの?
ずっと黙り込んでいる。
見たくない?行きたくない?
そうだよね、君はただのドールだ。
ごめんね、君と一緒に生活するのは想像的なシナリオだけだ。
ねえ、君もまた一人ぼっちだね、僕と同じように。
“常春藤的公主”

呐,你又和我一样,自己一个呢。
有着绯色缎带和树叶形态尾巴的你,和所有的季节合衬。
你真的仅仅是一个玩偶吗?
想要带你前往每天都有海豚在快乐地玩耍的水族馆。
一定要以珊瑚礁为背景为你拍照。
想要带你前往花朵盛放的果树园。
一定要买回你最喜欢的苹果,一起在松松软软的草地上晒太阳。
想要带你前往正午之时会在钟声中沉入睡梦的图书馆。
一定要在被晒得微热的、保持着沉默的书架旁,为你翻开古老的图画书。
想要带你前往被太阳光轻轻舔舐的花店。
一定要凝视你在被阳光晒到之地,无意中向着天空伸出手时所展露的笑容。
想要带你去和星空接连在一起的天文台。
一定要在记忆中用明亮的色彩描绘你入神地望着夏天的大三角时闪亮的眼睛。
想要带你去曾经有幼小的独角兽徘徊、如今依然有风车存在的遗迹。
一定要遗弃掉地图,和你一起寻找野生的玫瑰,捡起蒲公英的绒毛。
献给你紫罗兰和绣球花。
光合成中的你的姿态。
呐,那一定会是美好的旅程呢。
为什么不回应我呢?
一直沉默着。
不想去看吗?不想前往吗?
对呢,你只是……一个玩偶。
对不起呢,所有和你一起的生活,都只是想象出来的剧本上的内容。
呐,你又和我一样,自己一个呢。



創造師

「削除してあげます。
削除してあげます。
君のばかばかしい存在を。
修正の必要はあります。
修正の必要はあります。」
彼は唯一の存在。
陽炎とアスファルト、軽々しい高熱と重々しい固形。
子犬は風が吹き込んでいる倉庫に飛び込んだ。
正午の光は死んだ小鳥の目に入り込んでいる。
まるで無意味な注射みたい。
紅葉の隙間が選んだ光はグランドピアノのキーの間に滑り込んでいる。
まるで光っている降水みたい。
これは、毎日考え込んでいる彼が一番好きな風景。
彼は創造師です。
大変な仕事。
誰も彼に感激的な言葉をあげます。
自分で自分に「お疲れ様でした」と言うだけ。
だって、創造というのは本来天使様の仕事です。
そんな仕事を勝手にやるのは大抵怪しくて、危険な人間でしょう。
そして、創造なんてできるのは、人を不安にさせることじゃない。
彼はこの世に不存在の光を創造できる。
例えば、自分で前進の方向を変えられる光。
雨の音がしている光。
生きている光。
50種類以上!
その光達で、素敵な光動物園でも作れる!
彼は光を自分のコレクションにする。
ほら、見てごらん、今日の作品。
Creation 1
ピストルとライフル、キャノンとサーベル。
彼はにこにこ笑っていて、ぴちぴち走っていてやんちゃな子供のような光をシリアスな兵器にあげます。
兇暴な鉄と優しい光、一瞬仲間になる。
Creation 2
天地無用な箱です。
その中に、大量なおもちゃがあります。
爽やかで、純潔な鳳凰、プラスチック。
淑やかで、洗練された海豚、プラスチック。
陽気で、勇ましい竜、木。
従順で、真面目なヨークシャー、ゴム。
親切で、かっこいいビーバー、鉄。
魅力的で、親しみやすいコアラ、硝子。
形容詞はなく、人間、紙。
おもちゃ達は彼に水のような半透明の光をもらいました。
そんな光は箱に降り注ぐ。燦々と。
そして、おもちゃ達は水に浮かんだり、沈んだりする。
液体の墓みたい。
Creation 3
水晶玉は不束な未来を謳う。
割れた鏡は風味の悪い現在を謳う。
燃やしやすい日記は見過ごしやすい過去を謳う。
普通な光をそちらへ投げる。
そして、踊って、躍って、終わった。
嘆いて、無くなって、亡くなった。
一人もなく公園みたい。
「紹介完了。」
創造師は皆につまらない世界を飾ってあげる。
皆は創造師につまらない世界を飾ってもらう。
彼達は僕に新しいコンセプトをくれました。
光の理想的な行き先は彼の両手。
彼の美術品の送り先は皆の両眼。
光が溢れる世界。
創造師。


创造师

“为你删除掉吧,为你删除掉吧,你那愚蠢的存在。
有修正的必要,有修正的必要。“
他是唯一的存在。
阳炎和沥青,轻浮的高热和严肃的固体。
小狗闯进有风吹进的仓库。
正午的阳光进入已死去的小鸟的眼中,如同无意义的注射。
被红叶之间的间隙所选择的阳光滑进三角钢琴琴键的间隙,就像是发着光的降水。
这是每天都陷于沉思之中的他最喜欢的风景。
他是创造师。
那是辛苦的工作。
谁都不会对他说感激的话语。
只有自己对自己说”辛苦了“。
因为,”创造“本来就是天使大人的工作。
私自做那样的工作的人,大部分都是奇怪的,危险的人。
而且,能够创造事物,这件事本身会使人感到不安吧。
他创造这个世界上不存在的光线。
例如,可以自己改变前进方向的光。
发出雨水的声音的光。
生存着的光。
有五十种以上哦!
这么多种光,都足够建造一个不错的光线动物园了!
他将这些光作为自己的收藏品。
来看今天的作品吧。
Creation 1
手枪与步枪,加农炮与马刀。
他笑着,将很有活力地跑动着的淘气的像孩子般的光线给予严肃的兵器。
凶暴的铁和温柔的光,一瞬间成为同伴。
Creation 2
这是个不能倒放的箱子。
箱子里有大量的玩具。
清爽的,纯洁的凤凰,塑胶制。
娴静的,洗练的海豚,塑胶制。
阳光的,勇敢的龙,木制。
温顺的,认真的约克夏犬,橡胶制。
温柔的,帅气的河狸,铁制。
有魅力的,很亲和的树袋熊,玻璃制。
没有形容词去形容的,人类,纸制。
玩具们从他那里得到像水一样半透明的光。
光灿烂地射入箱子中。
然后,玩具们在水里浮起沉下。
就像是液体的坟墓。
Creation 3
水晶球讴歌粗鲁的未来。
碎镜讴歌味道糟糕的现在。
易被燃烧的日记讴歌易被忽视的过去。
将普通的光线向那里投掷。
然后,跳舞,跳跃,终结。
叹息,失去,死亡。
像是一个人都没有的公园。
”介绍到这里结束了。”
创造师为所有人装饰无趣的世界。
所有人依靠创造师来装饰无趣的世界。
他们给予了我全新的概念。
光线的理想去处是创造师的双手。
他的美术品的投送地址的大家的双眼。
光线满溢的世界。
创造师。


2011.11.15

夏場のミュージックを奏でよう。
聴覚を石碑にして、鍵盤楽器を彫刻道具にして、旋律を刻む。
そして、あの夏の柔らかい光と暖かい海水の事、きっと忘れることができないだろう。
よかったね。
一生懸命に全ての事を覚える。
記憶はただ時間の物真似、レクイエムは死亡のミニチュア。
無駄な事ばかりしている。
意味不明な言葉を行方不明の人間に伝える。
「はい、お客様、これは領収書でございます。」
「お兄ちゃん、何を買ったんの?」
「生き物。」
「へえ?ちょっと、それはハーモニカとチェロとピアノじゃないの?」
「そうだよ、彼らは生き物だと思わない?」
音符に隠している誰かの感情を再現できるのは彼らだけ。
丁寧に蒸発した悲しみと喜びを再び活かさせる。
それは、幼馴染が僕に伸ばした手。
キャンプファイアーの音が聴覚器を統べる、聴覚神経は光みたいな音を浴びる。
果汁飲みたい?おいしさは確かだよ!
「お願い、もっと喋ってください。」
聞こえない、雑音は大きすぎる。
ぐちゃぐちゃな部屋、書き込んだ遊び予定、誕生日の夜。
電光掲示板は雪の降臨を静かに告げる。
星は可愛い子羊みたいに夜空という草地で躍った。
雪を見に行こう。
「その時、僕は何も言わずに、何も考えずに…」
あたしの手を取って。
取って取って取って取って取って。
音は走り出す、時間は相変わらず。
跳ねる、跳ねる、やんちゃな雨は語らぬ。
空気をステージにして、子供のようなキャラクターを演じる、楽しく。
晴れと雨の天秤は傾く。
深呼吸をした。そして、言葉は降水みたいに降り注ぐ。
「あたしと歌おう遊ぼう旅行しよう絵を描こうケーキを食べよう寝よう何かを探そう星座を見上げよう紫陽花を植えよう日記を書こうドールを買おうドーアを叩こう部屋に入ろう好きにしよう好きにしよう好きにしよう!」
それでも聞こえないよ。
だって、僕とあの子の時間は同じ時計で表すことができない。
午後三時、光を糸にして幻の手袋を編んだのはあの子の自由な想像。
マフラーでも帽子でもフードでも編めるよ。
「儚過ぎと思わないか。」
僕はいつもあの子の想像をコレックションにします。
例えば。
午前七時、ベッドで騒がしくあたしの睡眠を邪魔する光はまるで都合の悪い時来た宅配便みたい。
午後一時、頬をくすぐったくさせて、草を優しい金色にさせて、花を綺麗な玉虫色にさせてのは天真爛漫で気まぐれでクレヨンみたいな光。
午後六時、アスファルトで無口に息を引き取ったのは一日だけ生きられる今日の光。
でも、今度のは理解できない。
もう…のバカ!ほら、あたしの傍に寄って。
午後三時の光はたくさんの温もりをあの子の左手にあげた。
そして、あの子は僕の右手を掴んだ。
「大切な物を渡しているところ。」
あーたたかいでしょう!光の糸!
「…」
あの子はいつでもいつでもそんなに…
霧は直に風景を圧縮する。
美しいよ。
その日、回転木馬に乗るつもりだった。
到着した時、鎧を着ていた水色の瞳を持つ木馬はもう霧に頭を奪われました。
礼服を着ていた黄緑の翼を持つ木馬は同じ酷い目にあった。
まるで無音の処刑みたい。
無実体の剣を振り出だした。
霧は悪戯が上手だった。
幸い、無生命の物を殺すのは無意味だった。
乗ろう。
一匹、二匹、三匹、四匹、五匹。
旅立とう。
ルビ、苺、雛。僕が選んだ木馬の柄。
林檎、玉葱、虫眼鏡。あの子が選んだ木馬の柄。
そして、ずっと黙り込んでいるスタッフは動力炉のボタンを押してくれた。
霧の体の中に廻った。
霧の体にはいろんな器官があった。
軽い音楽は木馬の硬い尻尾と一緒に振った。
もっと急げ、ちゃんと走れ。
よしよし、よくできたわね。
「まるで霧の血管で血液のように流れている。」
ねえ木馬君、天気予報によると、明日は晴れだよ。
頭を霧から取り戻せるわ。激しく笑え!
雷と風の日。
飛び降りた風は四辺形の生存空間に飛び込んでから、あの子の風船を飛び越えた。
視覚を犠牲にすると、賑やかな暗闇を手に入れる。
聴覚を犠牲にすると、静寂な閃光を手に入れる。
春夏秋冬を犠牲にすると、無内容のカレンダーを手に入れる。
風船を犠牲にすると、無遺体の葬式を手に入れる。
僕を犠牲にすると、あの子はもっとおもしろい世界を手に入れる。

2011.11.15

演奏夏季的音乐吧。
将听觉作为石碑,键盘乐器作为雕刻工具,将旋律铭刻在其上。
然后,那个夏天温软的光和温暖的海水,就绝对无法忘记了吧?
太好了。
努力地将过去的一切记住。
虽然记忆不过是一种对时间的模仿,虽然挽歌不过是死亡的模型。
净是做一些没有用的事。
将意味不明的语言传达给下落不明的人。
“这位顾客,这是收据。”
“哥哥,你买了什么?”
“生物。”
“咦?等等,这些不是口琴啊大提琴啊钢琴什么的吗?”
“恩,你不觉得,它们是一种生物吗?”
只有它们能将隐藏于音符中的感情再现。
小心谨慎地将早已蒸发掉的悲伤和喜欢再度复活。
那是,青梅竹马的Carney向我伸出的手……
篝火的声音统治了听觉器官,听觉神经沐浴在光线般的声音中。
“喝果汁吗?很好喝的哟。”
(请……请更多地和我说话……)
听不见哦,因为杂音太大了嘛。
乱糟糟的房间,写好的玩耍计划,生日的夜晚。
电子告示板静静地宣告雪的降临。
星星像可爱的小羊一样在名为夜空的草地里跳跃。
“去看雪吧!”
(那时候,什么都没有说,什么都没有想……)
“快点牵住我的手!”
“牵手牵手牵手牵手牵手!”
跳跃,跳跃,调皮的雨水一言不发。
以空气为舞台,快乐地演绎着孩子般的角色。
晴天和雨天的天平倾斜了。
深呼吸,然后,语言像降水般。
”和我一起唱歌吧玩耍吧旅行吧画画吧吃蛋糕吧睡觉吧寻找吧抬头看星星吧种植绣球花吧写日记吧买玩偶吧敲门吧进入房间吧想怎么样就怎样吧想怎么样就怎样吧想怎么样就怎样吧!“
即使如此,依然听不见。
因为,我和那个孩子的时间,已不能用相同的时钟来表示。
下午三点,将光作为丝线编织幻之手套的是那个孩子自由的想象。
围巾呀帽子呀风衣呀全部都能织出来哦!
(这样的事,不觉得太虚幻了吗?)
我一直将那个孩子的想象作为自己的收藏品。
例如。
“早上七点,在床上吵吵闹闹地打扰我睡觉的光线就像是在不方便的时候送来的快递。”
“下午一点,使脸颊变得痒痒的,使草变成温柔的金色的,使花变成漂亮的彩虹色的是天真烂漫的心血来潮的如同蜡笔的光线。”
“下午六点,沉默地在沥青路面上停止呼吸的是仅能生存一天的‘今天的光线’。“
不过,那个孩子这次的想象,我无法理解。
”真是,笨蛋……喂,过来我身边。“
下午三点的光线将大量的温暖给予了那个孩子的左手。
然后,那个孩子捉住了我的右手。
(正在传递重要的事物……)
很~暖吧!光的丝线!
(……)
那个孩子,一直都这样一直都这样……
雾马上就要把风景压缩了哦。
很漂亮的。
那一天,我们前去乘坐旋转木马。
到达的时候,穿着铠甲的有浅蓝色眼瞳的木马已被雾气夺去了头颅。
穿着礼服的有着黄绿色翅膀的木马遭到了同样的境遇。
就像是无声的处刑。
雾气挥出无实体的剑刃。
非常善于恶作剧呢。
幸好,杀死无生命的事物是一件没有意义的事。
”坐上去吧!“
一匹,两匹,三匹,四匹,五匹。”
“开始旅行吧!”
红宝石,草莓,幼雏,这是我所选的木马身上的花纹。
苹果,洋葱,放大镜,这是那个孩子所选的木马身上的花纹。
然后,一直沉默着的工作人员为我们按下了动力炉的按钮。
我们在雾的身体中转圈。
雾的身体中有各种各样的器官。
轻柔的音乐和木马坚硬的尾巴一起挥动。
“再快一些,要好好跑哦。”
“乖乖,做得很好呢。”
(就像是在雾气的血管中像血液般流动……)
呐木马君,根据天气预报,明天是晴天哦!
可以从大雾手中拿回你的头颅了哦!激烈地欢笑吧!
雷与风的日子。
从空中跳下来的风跳入这四边形的生存空间后飞越了那个孩子的气球。
牺牲视觉的话,可以得到热闹的黑暗。
牺牲听觉的话,可以得到死寂的明亮。
牺牲春夏秋冬的话,可以得到无内容的日历。
牺牲气球的话,可以参与一场没有遗体的葬礼。
牺牲我的话,那个孩子一定可以得到一个更为有趣的世界。


2011.11.12

シーンA
酸性雨は廃棄物回収用の蛸ロボットにとってまるで甘い牛乳みたい!
ストローで飲む。甘すぎ。
塩酸とか、炭酸とか、全部全部蛸ロボットに任せて!
僕の仕事はロボットの修理をすることだけ。
綺麗な酸性雨が降っているし、気持ちがいいし、僕は今日蛸ちゃんと一緒に旧都市へ行く。
砂嵐と雪嵐が共に起こる、砂漠と雪に二つの地域に裂かれた「バカバカしい人間の残り物」。
シーンB
時々、オゾン層を駆け抜けた人工衛星の欠片は市区に落ちる。
まるで犬と遊ぶ時犬へ投げた小さなボール。
変わったのは着陸場所だけ、湯船のような暖かくて正方形の庭園ではない。
冒険用の墓みたいな場所だ。
蛸ちゃんは一生懸命に働きます。
僕も一生懸命に暇つぶしをします。
シーンC
ねえ、君、太陽エネルギーで動くか、それとも原子力で?
ああ分かりました、水力発電!
残念、火力発電です。
えっ!石炭か?
人間や動物などの遺体です。
僕と話しているのは、市内の運河、塩酸川に浮かんでいる乳牛ロボット。
まるでインスタントコーヒーを入れる時、コップに浮かんでいるまだ溶けない粉。
川の水も真っ黒だし、ロボットも真っ黒だし。
いい匂いがしますね。
君、まさか、料理の手伝い?
違う、自分自身は電子オーブンです、昔、この辺りで働きました。大人気でしたよ。
へえ、今もおいしい物を売ってるの?
売っているよ。
材料は何?もしかしたら、ダイオキシンとか、電磁波とか。
以前はたしか石油パンやガソリンケーキやガスドリンクなどを売ったことがありますが、今日のは新鮮の肉料理です。
考えれば考えほど面白くなるじゃない?肉があれば、生き物もある!教えて、核反応豚か、核分裂牛か、それとも核融合魚?
その三種類は贅沢です。今日のは普通の人間料理だけです。
シーンD
乳牛ロボットの回想A。
核反応豚は、太くて、可愛くて、人気がある食材です。
餌は電気。
核分裂牛は、いつも重々しくて、行動は遅くて、人気がある食材です。
餌は排気ガス。
核融合魚は、やんちゃで、速くて、人気がある食材です。
餌はフロンガス。
新世紀の動物たちを育てる牧場は「リサイクル牧場」です。
牧草は果汁40パーセント、発酵乳25パーセント、血液3パーセント、お湯7パーセント、王水2パーセント、怪物の涎4パーセント。
日に三回廃棄されたダムで動物たちに運動をさせます。
週に十回廃棄された高層ビルで動物たちに歌を歌わせます。
月に二十回廃棄されたプラネタリウで動物たちに偽りの星屑を見せます。
年に百回廃棄された劇場で動物たちにグランドピアノを運ばせます。
そして、脂身は台所へ。
シーンE
乳牛ロボットの回想B。
動力炉は作動する。
緊急停止装置なんて必要はない。
私のオーブンに入ったら、君はどんな材料でも必ずおいしくさせます!約束します!
銅貨十枚、超酸っぱい橙ジュース入れ核反応豚刺身!
銅貨百枚、超苦いセロリと核分裂牛ステーキ!
銀貨五枚、超甘いスグリ核融合魚煮!
金貨一枚、超塩辛い核反応豚、核分裂牛、核融合魚焼き!
そして、全部買ってくださればこれをおまけに差し上げます。
人間料理です。
超安いもの。
シーンF
乳牛ロボットの回想C。
蝙蝠と朝顔、リボンと剣、雪達磨と日差し。
対照的ですごく良いコンビネーション。
仮面と聖書、貝殻と紅葉、錬金術と万有引力。
クレヨンで簡単に私が想像できない世界を作る。
毎度毎度、人間料理を買って、ベンチに座って、描き始めた。
飛ぶ、走る、泳ぐ、歩く、生きる。
全ての事をできるだけ圧縮する、最小限の色彩で無限大な世界を表す。
あの子は、世界のよさを信じる。
シーンG
私はただの自動販売機ロボット。
乳牛の形をする、いい言葉を話せなくて、鈍いロボット。
フィーリング?感情?分からないことばかり。
不運と幸運は作品の揺り籠。
作者は宿り木。
描けば描くほど、描きたくなる。
食べれば食べるほど、食べたくなる。
生きれば生きるほど、生きたくなる。
死ねば死ぬほど、死にたくなる。
だから、人間はデリケートな世界を作った後で、デリケートに世界を食った。
でも、あの子は他の人とは違う。
彼はいつでも真剣で丁寧に自分がまだ見ぬ世界を描いてる。
まるで本物の世界はあの紙に描いてある線と点。
平行四辺形が喋れる、三角が歌える。
彼の絵はまるで私に心臓という器官をくれましたみたい。
私は遠い空の事、広い大地の事、感じられるになったみたい。
まだ覚えている、あの日彼が私を見せた素晴らしい新作。
シーンH
Pure description
『春のシャンデリア』
「緑は皿、花弁は飾り、優しい風はフォーク、暖かい光はナイフ。
世界は豪華な食卓!
いろんな動物が目を覚ます、他には目を閉じる。
運命は存分に命を食う。
フォークで、ナイフで。
シャンデリアにライトアップされる。
優しい言葉が灯すシャンデリア。
『夏のダスト』
誇りがあれば、埃もきっとある。
紙に神を描く、そして神に紙をあげる。
「ほら、あなた様の様子を見てごらん」。
神があれば紙が必要、紙があれば神は遊ぼう。
運命を人間にあげてから、人間は紙にどんな新しい物語を書くか、それを期待しています。
紙と神、埃と誇り。
シーンI
僕は塩酸川に浮かんでいた乳牛ロボットを見送った。
蛸ロボットはそろそろ帰る。
太陽は口みたいな地平線に落ちる。
だんだん地平線の牙に食われて体重が減っていく。
月の光はツンドラの寒さを僕と世界にくれました。
意味不明な音が増えてきました。
意味不明な声が減っていきます。
一日間、ずっと旧都市を巡ってきた。
明日も、巡っていく。
因みに、僕は人間ではない。
僕は生まれてから今までこの世界の事を記録してきた「作者」。
生きてきたのは「文字」。
死んできたのは「実体」。
光ってきたのは「文字」。
黙ってきたのは「実体」。
明日の日記も楽しみにしてください。


2011.11.12

场景A。
酸雨对于回收废弃物用的章鱼型机器人来说简直就像是甘甜的牛奶!
用吸管来喝。太甜啦。
盐酸啊碳酸啊之类的全部全部交给章鱼型机器人吧!
而我的工作只是修理这些机器人。
今天因为下着漂亮的酸雨,心情又好,我就和章鱼型机器人一起到旧都市去。
那是即发生暴风雪又有沙尘暴,被沙漠和雪地分割成两个区域的“笨蛋人类的残留物”。
场景B
时不时会有穿越大气层的人工卫星的碎片落入市区。
就像和小狗玩耍时投掷的小小的球。
不同的只是着陆场所。
不是那像浴缸似的,温暖的,四方形的庭院。
而是冒险用的墓地似的地方。
章鱼型机器人努力地工作着。
而我全力以赴地消磨着空余时间。
场景C
“喂,你是用太阳能发动的吗,还是说是原子能?啊懂了,是水力发电的吧!”
“遗憾,我是火力发电的。”
“啊?用煤吗?”
“用人类或动物的尸体。”
正和我对话的是漂浮在这城市的运河“盐酸川”里的乳牛型机器人。
它就像是冲泡速溶咖啡时,浮在杯里的尚未溶的咖啡粉。
因为,河水是纯黑的,这个机器人也是纯黑的。
河里传来非常不错的气味。
“难道,你是料理助手机器人?”
“才不是,我本身就是微波炉哦。以前在这一带工作。很受欢迎的哦。”
“哦?现在也有在卖好吃的东西吗?”
“有在卖哦。”
“材料是什么?不会是二噁英或电磁波什么的吧?”
“之前确实有贩卖过石油面包啊汽油蛋糕呀天然气饮料之类的,不过今天的是新鲜的肉类料理哦。”
“越想越觉得有趣不是吗?如果有肉的话,那么也就是有生物!告诉我,那是核反应猪的肉还是核分裂牛的肉啊?还是说是核聚变鱼?
”那三种肉太奢侈了啦。今天的是普通的人类料理。“
场景D
乳牛机器人的回想A。
核反应猪是胖胖的,可爱的,很受欢迎的食材。
饲料是电。
核分裂牛是总是一脸严肃的,行动迟缓的,很受欢迎的食材。
饲料是废气。
核聚变鱼是调皮的,快速的,很受欢迎的食材。
饲料是氟利昂气体。
饲养着新世纪的动物的是”回收站牧场“。
牧草含40%的果汁,25%的发酵牛奶,3%的血液,7%的热水,2%的王水,4%的怪物唾液。
每天三次在被废弃的水坝里让动物们运动。
每周十次在被废弃的高层建筑里让动物们唱歌。
每个月二十次在被废弃的天象仪处让动物们观看虚假的星空。
每年一百次在被废弃的剧场里让动物们搬运三角钢琴。
然后,将美味的肥肉拿到厨房。
场景E
乳牛机器人的回想B。
动力炉开始运转。
紧急停止装置之类的根本不需要。
进入了我身上的烤炉后,无论你是怎样的材料我都会让你变得美味!这是约定!
十枚铜币可以买到加入了酸橙的超酸核反应猪刺身!
一百枚铜币可以买到芹菜和核分裂牛牛扒!
五枚银币可以买到超甜的醋栗核聚变鱼煮!
一枚金币可以买到超咸的核反应猪,核分裂牛,核聚变鱼烧!
而且,全部买下的话,这个会作为赠品送给您哦!
人类料理。
超便宜的东西。
场景F
乳牛机器人的回想C
蝙蝠与牵牛花,缎带与剑,雪人与阳光。
互相对照的非常不错的组合。
面具和圣经,贝壳和红叶,炼金术和万有引力。
他轻易地就可以用蜡笔创作出我连想象都做不到的世界。
每次每次,买了人类料理后,他坐到长椅上,开始描绘。
飞行,跑动,游泳,步行,生存。
尽可能地将所有的事物压缩,用最少限度的色彩表现无限大的世界。
那个孩子,相信着世界的积极面。
场景G
我只是一个自动售货机机器人。
有着乳牛的形态,说不出什么好话的迟钝机器人。
感觉?感情?怎么都是些弄不懂的东西。
不幸和幸运都是那个孩子的作品的摇篮。
有时候作者就像是那个摇篮上的寄生植物。
越画越想画。
越吃越想吃。
越生存越想生存。
越死亡越想死亡。
所以,人类在制作了复杂精密的世界后,又一丝不苟地把这个世界全部吞掉。
但是,那个孩子和其他人不同。
他一直都在认真地小心谨慎地描绘着自己尚未见到的世界。
仿佛真正的世界,就仅仅是那个孩子的画纸上的线和点。
那些平行四边形诉说着,那些三角形能够歌唱。
他的画仿佛给予了我这个机器人名为心脏的东西。
我好像变得能感觉到遥远的天空和宽广的大地。
还记得哦,那天他给我看的最好的新作。
场景H
《春之吊灯》
春天之时,绿色像是盘子,花瓣像是装饰品,温柔的风像是叉子,温暖的光像是小刀。
世界是豪华的餐桌!
很多的动物睁开了眼睛,其他则闭上了眼睛。
大吃特吃着命运这道菜式。
用叉子,用刀子。
餐食被春天这吊灯照亮。
能够带来温柔语言的吊灯。
《夏天的尘埃》
有光荣的话必定也会有尘埃。
用纸张描绘神明,然后将那纸张给予神明。
”喂,来看看你的样子。“
神存在的话那么纸张就是必需品,如果有纸张的话神就可以在人们任性的笔画中玩耍。
把命运给予了人类后,人类会在纸张上写下怎样的新故事呢?期待着哦。
神明与纸张,光荣与尘埃。
场景I
我送别了在盐酸川里浮着的乳牛机器人。
章鱼型机器人快要结束工作回去了。
太阳向着如同嘴巴的地平线。
渐渐被地平线的牙齿夺取体重。
意味不明的声音增加了。
意味不明的人声减少了。
一整天都在旧都市里巡游。
明天也会去巡游。
顺带一提,我并不是人类。
我是从出生到现在一直记录着如今这个世界的事的”作者“。
获得生命的是”文字“。
死去的是“实体”。
开始发光的是”文字“。
沉默下去的是”实体“。
也请期待明天的日记。








已有 1 人评分银契 收起 理由
c.cat + 8 ...你终于回归了!(惊

总评分: 银契 + 8   查看全部评分

按比例来说,猪是兔子的马

使用道具 举报

Rank: 5Rank: 5

UID
264354
帖子
538
精华
0
积分
334
BP
0 点
阅读权限
50
注册时间
2011-7-6

神奇宝贝信息

 神奇宝贝图鉴:331 (GT 112)
 双子宝贝图鉴:79 (GT 3)
 宝贝养成成就:22 (422 Pts)
发表于 2011-11-18 15:19:31 |显示全部楼层
好优美的华丽辞藻这都是作者自己写的??赞啊
强大的日文党让偶们感到自己的渺小


已有 1 人评分人气 收起 理由
c.cat + 1 同感......我渺小+1

总评分: 人气 + 1   查看全部评分

---嘟嘟你是大总攻.

使用道具 举报

Rank: 6Rank: 6Rank: 6

UID
23223
帖子
502
精华
8
积分
710
BP
0 点
阅读权限
60
注册时间
2007-10-28

双子宝贝信息

 神奇宝贝图鉴:144 (GT 142)
 双子宝贝图鉴:2 (GT 1)
 宝贝养成成就:9 (160 Pts)
发表于 2011-11-18 18:32:13 |显示全部楼层
ICE。冰 发表于 2011-11-18 15:19
好优美的华丽辞藻这都是作者自己写的??赞啊
强大的日文党让偶们感到自己的渺小:h ...

只是把学到的单词拼凑起来而已,其实很多语法错误的,以后会继续努力的,谢谢支持
按比例来说,猪是兔子的马

使用道具 举报

Rank: 4

UID
250437
帖子
359
精华
0
积分
140
BP
0 点
阅读权限
40
注册时间
2010-4-5

神奇宝贝信息

 神奇宝贝图鉴:117 (GT 86)
 双子宝贝图鉴:13 (GT 0)
 宝贝养成成就:19 (338 Pts)
发表于 2011-11-19 11:15:47 |显示全部楼层
陆清然 发表于 2011-11-18 18:32
只是把学到的单词拼凑起来而已,其实很多语法错误的,以后会继续努力的,谢谢支持

过来支持你了(你叫我来的)
以后聊天时不要总是蹦句日语出来气人啊
好吧我肯定看不懂……

点评

c.cat  在文区回复请以评论文章为主哦。  发表于 2011-11-19 11:48
好朋友要永远在一起
SBT组合

使用道具 举报

版主

低潮期告假中

Rank: 24Rank: 24Rank: 24

UID
241627
帖子
841
精华
2
积分
1842
BP
0 点
阅读权限
180
注册时间
2009-10-5

[荣誉徽章]秩序徽章 [荣誉徽章]人气徽章 [荣誉徽章]助人徽章 [荣誉徽章]贡献徽章 [原创评选第二季]第三十二期(2011-07/08/09)优秀评论奖

神奇宝贝信息

 神奇宝贝图鉴:91 (GT 33)
 双子宝贝图鉴:17 (GT 1)
 宝贝养成成就:11 (120 Pts)
发表于 2011-11-19 11:47:44 |显示全部楼层
诶诶诶文章触你出现了......
好吧我来评论中文部分。(因为日文废看不懂

【跳跃,跳跃,调皮的雨水一言不发。
以空气为舞台,快乐地演绎着孩子般的角色。】
嘛本来想说“好童真”,可是这个风格越看就越发的虐......
天真烂漫的语气,任性地喊叫着,可是。
为什么看着会那么心疼?为什么看着会感觉残忍?

【小狗闯进有风吹进的仓库。】
我一直很佩服你这样丝毫没有修饰却很清晰明了的写法。

【水晶球讴歌粗鲁的未来。
碎镜讴歌味道糟糕的现在。
易被燃烧的日记讴歌易被忽视的过去。
将普通的光线向那里投掷。】
嗷好美——好美!
三个句子虽然都用了“讴歌”这个词但是不觉得重复呢!
奇异的形容词,放在这里居然出奇地合适。

料理机器人那篇,终于把“天真残忍向”文风发挥到了极致...OTZ
【越画越想画。
越吃越想吃。
越生存越想生存。
越死亡越想死亡。】
文字极简也是美的一种啊。
“越死亡越想死亡”,似乎是某种悲哀的逃避。

还有这一篇的场景设定,从一开始就让人心神不宁......
那大概是未来的世界吧?一个几乎被破坏殆尽的地方。
吞噬世界的人类最终被他们制造的一切吞食。

嘛,最后还是说草心桑欢迎回来。
有时间也写一下PM相关文让我解解馋?
.

愿为你倾尽心力,哪怕身在曹营。

.

使用道具 举报

Rank: 6Rank: 6Rank: 6

UID
266550
帖子
151
精华
1
积分
893
BP
0 点
阅读权限
60
注册时间
2011-10-5

[原创评选第二季]第三十五期(2011-10/11/12)优秀评论奖 [原创评选第二季]第三十八期(2012-01/02/03)优秀评论奖

神奇宝贝信息

 神奇宝贝图鉴:61 (GT 36)
 双子宝贝图鉴:4 (GT 0)
 宝贝养成成就:6 (180 Pts)
发表于 2011-11-19 19:52:39 |显示全部楼层
关于那篇-常春藤公主
  没有太多的修辞,没有太多带着伤得感情.如此清晰明媚的文笔,展开一幅幅美丽的画卷.印象中是那样的美好,没有”原来我们都是孤独一人”的感伤,唯有童话一般的感触.与布偶的对话,不像是舞台剧,倒是一个缺少被关爱的孤单的孩子所流露的心声----希望此时能够有一个朋友陪伴.常春藤公主不说话,她不会生我的气,不会和我吵架,我们之间存在的只是无声的关爱.此时虽然无人陪伴,但已心满意足.”想要”与”一定要”的美丽幻想,一笔一划地,勾勒出对关爱与友情的渴望.
关于那篇-创造师
  孩子般如此稚嫩的语气,读起来仿佛是在看一个孩子精心编排的舞台剧---难以看懂,其实是因为我们的思想已经太过于复杂,往往忽视了最简单最纯洁的存在.创造师是一个从未听说过的职业,或许是童年幻想中制作出来的自己吧.可以制作各种各样的光,而这些光的作用与能力听起来似乎十分荒谬且毫无意义,实则是在暗示着暗中某件事物真实的存在.
[阳炎和沥青,轻浮的高热和严肃的固体。
小狗闯进有风吹进的仓库。
正午的阳光进入已死去的小鸟的眼中,如同无意义的注射。
被红叶之间的间隙所选择的阳光滑进三角钢琴琴键的间隙,就像是发着光的降水。]
  ----这是创造师最喜欢的风景.读起来似乎有点幼时胡乱穿插词句编故事的味道,却有一种莫名的荒凉的感觉.为什么创造师最喜欢这样的风景?是因为它没有了那些愚蠢的存在,还是因为热爱在寂静中才能够享受到别人无法享受到的快乐呢?
[凶暴的铁和温柔的光,一瞬间成为同伴。]
  枪,在印象中并不是十分令人感到惬意和舒适的字眼.从小我就惧怕枪,因为惧怕死亡,因为厌恶战争.然而此时此文中的枪却没有了那种凶残的感觉,倒有些像是平日在手里把弄的玩具,自娱自乐的工具,温柔的一直陪我长大的用具.
  是对美好的渴望吧,是希望有一天,枪,将不再是战争的代名词,因为世界早已没有了战争嘛?
[这是个不能倒放的箱子。
箱子里有大量的玩具。]
  虽然尚未读懂究竟更深一层的含义,但当看到下方罗列的那些玩具的名字时,有一种莫名的熟悉.这不是曾经玩过家家时的情景嘛?自己总是会给那些没有生命力的布偶规定名字,性别与性格,自导自演完成一场舞台剧.每一个形容词都是那样的美妙,仿佛被赋予了生命一般.当看到”没有形容词去形容的人类”时,心里不免有些凄凉.不过文章的主旋律依旧是那样,始终活跃在五线谱间,始终没有跳出,有些单调,没有高潮,却是如此的令人心舒.
[水晶球讴歌粗鲁的未来。
碎镜讴歌味道糟糕的现在。
易被燃烧的日记讴歌易被忽视的过去。]
  无意间赋予了物体以生命.未来,现在,过去.暗示着文章主旋律正在慢慢下坠.水晶球令人联想起童话中女巫预知未来的水晶球,碎镜则使人想起被王后因愤怒摔碎的镜子,而被燃烧的日记,则令人联想起,小说中决定忍痛与过去一刀两断的主人公将一张张爬满字迹的日记纸,毫不吝惜的丢入火中的场面.暗示着人这一生都处于一个埋怨自己,惧怕自己,抛弃自己的状态中,心如被火焚烧的荒原.
关于那篇-听觉的感触
  我们把听觉列作最不可或缺的感觉之一,如果没有了听觉,那世界将失去其应有的色彩.每一个音乐符号就是一种心情,于是,作曲家把它们串连在一起,创造出一片片湿润人的心田,或如滋润的春雨,或如狂暴的夏雨,或如凄凉的秋雨,或如冷漠的冬雨那样的音乐,演奏出来,供全世界的人类享受.
  文章用的是孩子般纯洁活泼的文笔,却渗透着幼年无知时不该有的无法言喻的心情,是在这世界上存在十几年几十年后的感触.正因如孩童般的纯洁文笔,大人般的刻骨感触,才给人带来一种冰块一般不可言喻的神圣的感觉.
关于那篇-机器人的自叙.
  阅读初始,感觉依旧是孩子随意编写的荒谬故事,当然也能够预料到,之后带来的感受会令我分外吃惊.似乎是以很活泼很俏皮的口吻,来记叙一天一天的故事,然而写这些东西的孩子,竟然是一个机器人---人类呢?究竟去了哪里?
  那是未来世界的幻想图,数不清的混杂在一起的无数场景中的若干.由于人类过分的聪明和忽视了肆意的限度而造成的最终后果,一切如今看起来很罕见的现象将变得如同被孩子蹂躏后遗弃的玩具一般常见.地球上唯一存在的,正是无需洁净的空气与洁净的水就能存货的机器人.它们由伟大的人类创造,之后又代替了伟大的人类,成为世界的主宰,在某个紫外线异常强烈的下午,悠然吃着人类料理---却皱了皱眉头,哦,这种低贱的东西可真是难吃!!
  如果人类不早些觉醒,恐怕地球的未来就会像这个样子的吧?
已有 1 人评分银契 收起 理由
c.cat + 9 恩恩,你又偷偷上网了么...

总评分: 银契 + 9   查看全部评分

外在美令人赏心悦目,内在美令人感受永恒.

使用道具 举报

Rank: 6Rank: 6Rank: 6

UID
23223
帖子
502
精华
8
积分
710
BP
0 点
阅读权限
60
注册时间
2007-10-28

双子宝贝信息

 神奇宝贝图鉴:144 (GT 142)
 双子宝贝图鉴:2 (GT 1)
 宝贝养成成就:9 (160 Pts)
发表于 2011-11-19 22:24:13 |显示全部楼层
赤い虚像、蒼い虚像

僕ね、時々自分を妄想に沈ませる。
深く深く、音もない色彩もない想像的の空白へ行く。
真っ白の空間。
真っ黒の時間。
一匹の縞馬が綺麗な草原を統べること。
二つの白鳥が広い空を統べること。
蝸牛が古代庭園の真似をしている現代庭園を統べること。
エルフが深海の真似をしている月光が溢れ出す遺跡を統べること。
僕が空っぽな幻想世界を統べること。
全部全部同じでしょう。
空白だらけは嫌だ。それで、僕が創造し始めた。
子供が色鉛筆で新しい地図を描くのように、わがままなことをする。
パッケージは商品にとって必要なもの。
僕の世界も「パッケージ」が欲しい。
まず、草を世界の基盤とする。
そして、その間に僕が一番好きな兎を添付する。
よし!地面がよくできました!
見て見て、可愛い兎が本当はない草地で楽しく遊んでいるよ。
次は、部屋を作ること。
僕が一番好きな国の風景を圧縮して、それを部屋に置く。
玄関でイギリスの潮風が吹いている。
時計塔を注目しているのはブリテンの騎士。
居間でおもしろいストーリを語るのはドイツの暗い森。
ファウストは葉の影に悪魔の狂詩曲を拝聴する。
台所でいかがわしい歌を歌っているのはフランスの羊飼い。
綿羊は緑の丘をベッドにする、馬は紫の果樹園を巡る。
ベランダでマトリョシカを埋めたのはロシアの雪。
幼稚な狼は広い大地でアバンチュールをする。
寝室で狂った目覚まし時計を調整しているのはスペインの詩人。
トレドの陽光を思い出した時、彼は僕のように空白のところへ手を伸ばした。
素晴らしくて、欠点はないお部屋でしょう。
暮らすことはきっと楽しい。
毎日毎日、真似事と共に寝てゆく。
僕は、かまわないか。
既存な現実世界から想像世界へ僕の大切なものを運ぶ。
実はね、運んだのも想像だけ。
オリジナルではなくてもかまわないか。
もし僕も恐怖に襲われたら、その世界を守ることがまだできるか。
左目には赤い虚像。
積極的な行動をすること。
右目には青い虚像。
消極的な行動をすること。
全て大切にする。
妄想か。
想像か。
真実か。
どうでもいい。僕はただあの世界を愛している。
つい、どの世界に住んでいるのも忘れた。

红色虚像,苍蓝虚像

我呢,有时会把自己沉进妄想里。
非常深地非常深地,前往没有声音和颜色的想象世界的空白中。
纯白的空间,漆黑的时间。
一匹斑马统治美丽的草原。
两只天鹅统治广阔的天空。
蜗牛统治模仿着古代庭院的现代庭院。
精灵统治模仿着深海的月光满溢的遗迹。
我统治着什么都没有的幻想世界。
这些都是相同的“统治”吧——
因为讨厌什么都没有,所以,我开始了创造。
像孩子用彩铅描绘地图般,做着任性的事。
商品需要包装,我的世界也需要“包装”。
首先,将青草作为这个世界的地盘。
然后,在添加青草的过程中同时添加我最喜欢的兔子。
好了!这个世界的地面做好了!
看呀看呀,可爱的兔子在实际上不存在的草地上快乐地玩耍着呢。
下一步,要制作房子!
将我最喜欢的各个国家的风景压缩后放到房子里吧。
玄关里,放置的是意大利的海风。
注视着时钟塔的是不列颠的骑士。
起居室里诉说着有趣故事的是德意志的阴暗林木。
浮士德在树影中谨听恶魔的狂想曲。
厨房中唱着可疑的歌曲的是法兰西的牧羊人。
绵羊将青绿的小山丘作为自己的床铺,马巡游紫色的果树园。
阳台上将套娃埋住的是俄罗斯的雪。
幼小的狼在广阔大地上开始探险。
睡房里将时间错乱了的闹钟调整的是西班牙的诗人。
想起托莱多的日光的时候,他像我一样向着虚空伸出了手。
美好极了的,没有缺点的房子。
住起来一定会很快乐。
每天每天,和模仿之物一起入睡。
我呢,不在意哦。
从已存在的现实世界向想象世界搬运重要的事物。
实际上呢,“搬运”这件事本身也是想象。
并不是“原型”(ORIGINAL)也不在意。
如果连我都被恐惧袭击,那么还能保护那个世界吗。
左眼里的红色虚像。
积极地行动着。
右眼里的苍蓝虚像。
消极地行动着。
将一切都好好珍惜吧。
妄想吗,想象吗,真实吗。
无论怎么都好,我只是喜欢着那个世界。
无意中,连自己所住的是哪一个世界都忘却了。



2011.10.22

右折禁止。
左折禁止。
直行禁止。
関係者以外立入禁止。
これは「この場所」のルールです。
こちらに来た人間達は、自分の意識もないし、視力もないし。出口を探すことができない。
一人のスタッフがいる。彼は必ず人々に「外の世界へ戻りたいか?」と言います。
でも、僕の記憶によると、ここに来たら、人生のフィナーレも来るはずです。
戻れるか?不運の人達よ。
彼に翻弄されている人達よ。
僕ができることはブーケを君達にあげるだけだ。
お祝いのブーケを君達に、お呪いの未来を君達に。
どれでも受けなければなりません。
ここは地獄ですからね。
死神がいない地獄。
自助地獄に、自分で入場券を買おう。
そして。
好きなところへ行こう。遊ぼう。
「外の世界へ戻りたいか?」
「いいえ。」
「そうか、よかったですね。さあ、次の方。」
「はい、ぜひ戻りたいです。」
「残念ですね、戻る方法はありません。さあ、次の方。」



2011.10.22

禁止右转。
禁止左转。
禁止直走。
无关者禁止入内。
这是,“这个地方”的规则。
来到这里的人类,既没有自己的意识,也没有视力。没有能力寻找出口。
有一个工作人员在。他一定会对人们说,“想要回到外面的世界吗”。
但是,根据我的记忆,来到这里,就是人生的终曲(Finale)了。
能返回吗?不幸的人们。
被他所玩弄的人们。
我所能做到的,仅仅是将花束给予你们。
将祝福的花束给予你们,将诅咒的未来给予你们。
那一样都必须接受哦。
因为这里是地狱。
没有死神的地狱。
自己买入场券的自助地狱。
然后,去喜欢的地方吧,玩耍吧。
“想要回到外面的世界吗?”
“不。”
“是吗,太好了,那么,下一位。”
“是的,非常想回去。”
“遗憾,没有回去的方法,那么,下一位。”


2011.11.7

優しい先生が僕らに日本語を教えます

はい、皆さん、授業を始めましょう!
今日は比喩文の使い方を教えてあげる。
さあ、まず、例文を見てください。
「コカトリスとはCockatriceのこと、つまり鶏の体と蛇の尻尾を持つ幻のモンスター。
あいつは比喩文を使うのがとても上手ですよ。
嗚呼…人間の腕はおいしいチーズのような味がしますね。
人間の心臓は大きな林檎みたいですね。
人間の頭は本当に御馳走らしい御馳走ですね。
僕が寝ている間、ずっと人間の体を待ち望んでいる!」
すみませんね、これは皆さんにとって、ちょっと激し過ぎない?
コカトリスはモンスターですからね、人間らしい価値観を持っていない。
人間は家畜を食う、コカトリスは人間を食う、それは普通のことだと思いますよ。
はい、次は芸術的な例文を見てください!
「父親が生きている間に世界が悪くなった。
僕が生きている間に世界が悪くなった。
娘が生きている間に世界が悪くなった。
時間が移っている間、世界がずっと悪くなっている。
僕は言葉の半分が事実だと思います。」
どう思う皆さん?いい例文でしょう?積極的な世界観じゃない。正しいかどうか、自分で判断してください。
それから、皆さんが自分の経験によって、文を作ってほしいです。
はい、そちらのツインテールさん!
「願望はいかにも救命胴衣らしい道具ですね。
君が生きている間に。
陽光は命のような匂いがします。
暗闇は死のような感じがします。
子供みたいな君は思い出したようにバカみたいに願望を探し始めた。
人生の終わりになるまでに、すごいことをしなければならない!
でも君はいかにもバカらしい人だ。
つまり、バカらしいバカ。
自分の普通のところを願望で隠す。
そんな事を思い出したら、自分の人生を済ませたいでしょう?
ねえ、願望はいかにも救命胴衣らしい道具ですね。
君、自分自身の事を忘れさせる効果がある。
暗闇に沈まないために、救命胴衣を着ろ。」
よくできましたね、ツインテールさん。
彼女の言葉は素晴らしいんじゃないですか。
あっ、ベル、今日の授業はここまで!皆さん、比喩文の使い方、ちゃんと覚えましたか?
はい、じゃ、また来週!お疲れ様でした!

2011.11.7

温柔的老师教我们日语

“大家,开始上课吧!
今天,要教大家比喻句的使用方法哦!
那么,首先来看例句吧!”
“可卡托里斯是Cockatrice,即是,有着鸡的身体和蛇的尾巴的幻兽。
那个家伙很善于使用比喻句的哦。
‘啊啊~人类的手臂有着美味奶酪的味道呢!
人类的心脏就像大大的苹果呢!
人类的头真是美食中的美食呢!
我在睡觉时,一直期待着得到人类的身体哦!’
啊不好意思呢,这对同学们来说,有点……太刺激了吧?
Cockatrice因为是幻兽,并没有人类的价值观哦。
人类食用家畜,Cockatrice食用人类,我想这只是很普通的事而已。
好的,接着来看艺术性的例句吧!
‘父亲生存着的时候,世界一直在变坏。
我生存的时候,世界一直在变坏。
女儿生存的时候,世界一直在变坏。
时间一旦行进,世界即变坏。’
我认为这些话语的一半是事实。
大家怎么想呢,是不错的例句吧?并不是积极的世界观。是否正确,请自己判断。
接下来,我想要大家根据自己的生活经验来造句。
好的,那边的双马尾酱!“
”愿望真是和救生衣非常相像的事物呢。
你生存的时候。
阳光有着生命般的气味。
黑暗有着死亡般的气味。
孩子般的你心血来潮地开始寻找愿望。
人生完结之前,一定要做一些什么非常厉害的事情!
但是你是笨蛋中的笨蛋。
用愿望隐藏自身普通的部分。
‘如果想起了这种事情,会无法走完人生的!’
呐,愿望真是和救生衣非常相似的事物呢。
有着使你忘记自己的事情的效果。
为了不沉入永暗之中,穿上救生衣吧。”
“做得很好哦双马尾酱。
她的句子棒极了不是吗?
啊,下课铃!那么今天的课程就到此为止,大家,好好地记住比喻句的使用方法了吗?
那么,下周见,辛苦了!”


2011.11.9

行為

だらしない者が霊峰を登るのは聖潔を蝕むこと。
暗闇の中で秘密を喋ることは光の中にある約束を蝕むこと。
無表情な太陽が陽だまりを作ることは無表情な空白を蝕むこと。
無表情な月が小さな温もりを送ることは無表情な空白を蝕むこと。
「パパ、虫、木を蝕んでいるね!」
「ああ、すぐに空っぽになるはずよ。」
「面白いな、蝕むこと!」
自分の人生を蝕むのは他の誰かの人生。
所詮普通だ、所詮意味ないだ、所詮退屈だ、蝕まれただって誰も気づかないだろう?
「パパ、空っぽになった!空っぽになった~嬉しいな!」
火がフォトグラフを蝕んだあの日、不安定の人格を持つ十一歳の子供、楽しく叫んだ。
彼の手で家族みんなの体を蝕んだ。
それより、虫が植物や動物などを蝕むことはずっと優しいだ。
蝋燭が静寂を食う、欲望は人間を演じる野獣を召し上がる。
大地は鮮血を飲む、大空は羽根を食べる。
「御馳走様でした。」
あら、希望というものは残っていますよ。
「じゃ、いただきます!」
全ての行為は他の物を蝕むはず。
勿論、概念的な言葉は世界に影響させない。
でもね。
行動は時間を蝕む。
そして、記憶という儚き物を作る。
残り物はきっとある。
じゃ、空っぽになれないの?
「それは残念ね、ゲームの中のセリフみたいに前の世界と全然違うのを作るのはできないじゃない!」
そうだよ。
行為は、結果と繋がっています。
全ての物を蝕めないよ。
蝕むこと自身も一種類の事でしょう。
空っぽなんて。
概念的な言葉だけじゃない。
そうかもしれませんね。
観客の皆様、自分でご判断ください。


2011.11.9

行为

懒散放荡的人登上灵峰是对圣洁的侵蚀。
在黑暗中泄露秘密是对在明亮中存在的约定的侵蚀。
无表情的太阳制作向阳之地是对无表情的空白的侵蚀。
无表情的月亮制作微小温度是对无表情的空白的侵蚀。
“爸爸,虫子,正在侵蚀树哦!”
“啊,很快树就会空掉哦。”
“很有趣呢,侵蚀!”
侵蚀自己的人生的是别人的人生。
反正很普通,反正没有意义,反正无聊,即使被侵蚀掉了也不会有人注意到不是吗?
“爸爸,空掉了哦,空掉了哦,好开心!“
火侵蚀照片的那一天,有着不安定的人格的孩子快乐地叫喊着。
他的双手将家人的身体侵蚀。
和他比起来,虫将植物动物之类的蛀蚀,比他温柔太多了。
蜡烛蛀蚀寂静,欲望食用演绎着”人类“这个角色的野兽。
大地饮用鲜血,天空享用翅膀。
”我吃饱了!“
”啊呀,还留着‘希望’这种东西呢。”
“那么,我开动了!”
所有的行为都会蛀蚀其他的事物。
当然了,概念上的语言不会使世界受到影响。
但是呢。
行动蛀蚀时间。
然后制造出名为记忆的虚幻物件。
也就是说,无法完全空掉吗?
也许那些,并不只是概念上的语言。
也许是呢。
观众的各位,请自己判断吧。

按比例来说,猪是兔子的马

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 加入我们
*滑动验证:

Powered by Discuz! X2© 2001-2011 Comsenz Inc.
回顶部